本文へスキップ

医療英語の学習を支援する勉強会MELSA

ようこそ、「特定非営利活動法人 医療英語学習支援協会 」のホームページへ。
Welcome to Non-Profit Organization Medical English Learning Support Association (NPO-MELSA)

《MELSA会員の皆様》
☆2020年4月から始まる《MELSA Cafe 自主勉強会》について
学習内容:『けんこうと英語』・『くすりと英会話』
開催会場:札幌・東京(飯田橋)・東京(田町)・横浜
2020_MELSA_Cafe_Map.pdf へのリンク

2020_MELSA_Cafe_venue_time.pdf へのリンク

☆各会場の開催日程は、学習予定表のページに移動いたしました。ご参照ください。
・札幌会場は、2020/1/26(日)、3/1 (日)(2月分)、3/29 (日)が、札幌エルプラザに変更になりました。札幌駅隣接・地下道直結です。時間帯(午後)は同じです。ご確認のほど宜しくお願い致します。

☆2020年のご挨拶
新たな年がスタート致しました。今年も皆様と共に、未来に向けて一歩を踏み出す年になれば良いと願っております。4月から始まる『MELSA Cafe 自主勉強会』では、引き続き皆様とご一緒に学習の機会を持ちたいと考えております。本年もどうぞ宜しくお願い致します。(2020/1/20)

☆2019年12月(師走)
今年も残すところあと僅かとなりました。
今年も、多数の方々にMELSAミニレッスン並びにスペシャルセミナーにご参加いただきました。ありがとうございます。
2013年秋、MELSAは任意団体として設立され、翌年2014年には東京都よりNPO法人に認証されました。以来、会員皆様のご理解・ご協力の下、今日まで活動を継続することができました。心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
東京2020オリンピック・パラリンピックの開催も間近です。MELSAは2017年10月から2020年3月末までの期間、オリパラ組織委員会「東京2020参画プログラム(教育分野)」の応援マーク使用等の認証を頂き、「医療英語・英会話」とともに、「スポーツ・ボランティア英会話」も開講してまいりましたが、2020年3月末の認証期間終了に伴いまして、これら全てのミニレッスンを終了致します。
2020年4月からは、新たな名称とロゴを提示します。会員の皆様が引き続き医療英語の学習を継続しやすいように、学習支援体制を再構築中です。詳細につきましては、決定次第、順次MELSA websiteに掲載いたします。
2020年も、どうぞ宜しくお願い致します。(2019/12/27)
 

☆MELSA スペシャルセミナー ご案内
MELSAスペシャルセミナーを開催しております。参加お申し込みは melsa@outlook.jp でお願い致します。
各回ごとに、定員になり次第締め切ります。いずれのスペシャルセミナーも会場・参加費は同じです。
会場:東京ボランティア市民活動センター(東京・JR飯田橋駅隣接セントラルプラザビル10F)
定員:40名
参加費:MELSA会員 \1,500- 、 一般・非会員 \2,000- (当日会場で納入)
詳細:[MELSA website] http://melsa-japan.org/
お問い合わせ・お申込み e-mail:melsa@outlook.jp (MELSA事務局)

《2020年の予定》
・2/20(木)19:00-20:30/テーマ:糖尿病
講師:大塚 邦子 (おおつか くにこ)先生
横浜薬科大学薬学部 健康薬学科 / 感染予防学研究室 准教授.東邦大学薬学部卒. 博士(医学).
所属学会:日本薬学会・日本医療薬学会(認定 指導薬剤師)・日本社会薬学会 他.
専門分野:医療薬学・社会薬学・臨床薬剤学. 現在、臨床系薬学英語を担当.

☆『くすりと英会話』勉強会 "Pharmaceutical & Practical English in use"がスタートしました。

開催日:2020年 1/22(水)・1/23(木)・2/5 (水)・2/12(水)・ 2/26 (水)・2/27(木)
3/18(水)・ 3/26(木)(2019/11/13(水)が初回。
日時:会場の予約が取れ次第開催。概ね毎月1-2回(水曜午前 10:00-11:30 )或いは (木曜夜間 19:00-20:30)
内容:薬局でのOTC販売・保険薬局・病棟ベッドサイドの服薬指導の英会話演習
テキスト:「薬学生・薬剤師のための英会話ハンドブック(東京化学同人)第2版」
ご自身で購入し、ご持参ください。(資料等の配布や体験・見学参加は実施しておりません)
毎回、適宜ページを決め、会話演習をします。
進行役:大森厚子(MELSA 代表)
参加手続き:必ず事前に入会が必要です。MELSA会員証を発行致します。
参加費:MELSA会員 \500- (当日会場で納入) 学生:無料
お申込み:melsa@outlook.jp(毎回、定員になり次第締め切ります)
詳細:[MELSA website] http://melsa-japan.org/(日程は会場予約が確定後、適宜掲載)
会場:港勤労福祉会館・第2洋室(定員15名)
JR田町駅下車・「三田口」徒歩5分、
都営地下鉄三田駅下車・「A7出口」でてすぐ左隣
2020-April_Tamachi_kusuri_English.pdf へのリンク

☆MELSA ミニレッスン『医療英語・英会話』について
・2020年3月末で終了致します。
・「英語で診療」シリーズ、内科系 (Lesson 1- Lesson 12)・外科系 (Chapter 1- Chapter 12)は、終了致しました。
・2020年の1月・2月・3月は、大塚先生のスペシャルセミナー (10/24)時に配布されました資料に基づき、人体各部位の総復習を致します。9 systems(骨格系・筋系・呼吸器系・消化器系・循環器系・泌尿器系・神経系・内分泌系・生殖器系)に分け、臓器の構造・機能・関連する疾患・会話演習などを含め、医療英語(日本語併記)を復習致しましょう。
☆MELSA ミニレッスン『スポーツ・ボランティア英会話』について
・2020年3月末で終了致します。
・2019年11月から3月まで、今までの総復習を兼ね、『ちょっとひとこと・ とっさのひとこと』英会話演習を含めます。
・場面別・テーマ別の表現集を利用し、特に《和文⇒英訳》の演習を致します。
・街中の《おもてなしガイド》に活用できるかもしれません。

☆東京2020参画プログラムのマーク等使用(教育分野)で、2017年に「認証」取得
MELSAは東京2020参画プログラムの応援マーク等使用について申請審査に合格し、2017年9月26日、教育分野の「認証」をいただきました。申請には種々の要件がありますが、MELSAは、申請アクションの基本要件(オリンピック・パラリンピックの価値との関連性、目的・内容の公益性)を十分満たしており、また大会ビジョンとレガシーコンセプト(@全員が自己ベスト、A多様性と調和、B未来への継承)にも合致する活動です。
----------活動紹介(申請)概要は以下になります。
(和文):医療英語・英会話にご興味関心のある方、スポーツ競技のイベントや国際大会のボランティアを目指す方、国際交流やスポーツ、健康管理・医療の話題にご興味関心のある方。お仲間とご一緒に楽しく学んでみませんか。
(英文):We share the opportunity for medical/healthcare English communication mini-lesson with people who are looking for the place to learn together. We also provide Sports and Volunteering English communication mini-lesson. English is our tool for multicultural exchange and experience. Here is the global place where you can make something special. Could you join us and learn together?----------
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会東京2020参画プログラム事務局からの審査結果によりますと、「いただいた情報については、今後、組織委員会または組織委員会が認める第三者のウェブサイトでの公表やIOC、外部有識者、政府、地方自治体等への報告などに活用させていただきます」とのことでした。
 このように、大変光栄な「認証」をいただきましたことを踏まえ、2020東京オリンピック・パラリンピックのレガシーのひとつとして銘記されますことをMELSAの活動の糧とし、今後も真摯に取り込んでまいりたいと思います。
(2017/10/04  MELSA 代表 大森厚子 記)

 応援マーク (教育分野)

MELSA_医療英語・英会話案内板.pdf へのリンク

MELSA_スポーツ・ボランティア英会話案内板.pdf へのリンク

《TOKYO 2020》
☆東京2020オリンピック・パラリンピックの「都市ボランティア」及び「大会ボランティア」の共通研修が始まっております。2019/12/19(木)午後 (14:00-17:00) に開催された、「Field Cast 共通研修」の様子をご報告いたします。
「Field Cast 共通研修」は、集合研修とe-learningで構成されています。
写真は、国立オリンピック記念青少年センターで行われた集合研修の様子です。
  
【1964東京五輪の時のオリンピック選手村の跡地の一部。昭和40年(1965)3月に特殊法人オリンピック記念青少年総合センターとして利用することが決定された場所。順次、施設整備に着工、現在に至っています。】
  
【会場受付付近の様子】【大会ボランティアが着用するユニフォーム上下・帽子・靴・ポーチ】
  
【松岡修造氏の直筆コメント】
 
【集合研修会場・300名参加・休憩中のみ写真撮影が許可されています】

【会場に展示されていた寄せ書き】

☆東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたシンポジウム『文化の祭典』に向けてオールジャパンで盛り上がろう!に参加しました(2018/11/29)。




会場:「ベルサール東京日本橋」(写真撮影 2018/11/29 大森)

  
写真は左から、「藤沢市役所本庁舎正面玄関入口に掲げられたエンブレム」、「藤沢市役所本庁舎5階ラウンジで藤沢市・オリパラ組織委員会準備室スタッフと孫先生」、「オリンピックやパラリンピックに出場したアスリートや東京2020大会を応援している方々からいただいたサイン」
  
2019/9/13 (金) 湘南MELSA藤沢:藤沢市役所1F ロビーにて (撮影:大森)

江の島は《セーリング競技会場》です。

☆五輪ボランティア説明会開始
【2019/2/10(日)朝日新聞朝刊記事より抜粋】
2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアの応募者に対する説明会と面接が9日、東京都内で始まった。説明会や面談は、応募者にとっては選考の場でもある。応募者は20万4680人。8万人募集を大きく上回る。大会ボランティについては、大会組織委員会が7月までに面談と説明会を全国12か所で実施する。10月から共通研修が、来年4月からは役割別の研修があるとのことです。
☆五輪ボランティアに18万人が応募【2018/12/27(木)朝日新聞朝刊記事より抜粋】
オリパラ組織委員会の発表によれば、東京2020五輪・パラリンピックの大会ボランティアの募集は、2018年12月21日で終了。大会組織は26日、8万人の応募に対して、18万6101人から応募があったと発表。応募者の63%が女性。外国籍の人は37% 。年齢別では、20代が最多で29%、10代22% 、30代12% 、40代14%、50代14%、 60代8%、 70代1%。組織委員会によれば、2019年2月から面接や説明会を実施、採用者には10月から共通研修、2020年3月に役割と活動する会場を決めるとのこと。詳細は、オリパラ組織委員会のホームページご参照下さい。

♪「東京2020オリンピック・パラリンピックのボランティア」について♪

☆大会ボランティア活動分野は以下10項目です。@指定なし、A案内、B競技、C移動サポート(運転等)、Dアテンド、E運営サポート、Fヘルスケア、Gテクノロジー、Hメディア、I式典。 (必ずしも応募の際の希望通りになるわけではありません。)写真は、オリパラ組織委員会のホームページに掲載の冊子です。
   

♪東京2020の「大会ビジョン」♪
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会によれば、
・東京2020の「大会ビジョン」は次の3つの基本コンセプトがベースになっているということです。
@ 全員が自己ベスト A多様性と調和 B未来への継承
・ボランティア募集に際し、ボランティアに求められる資質については、次のようにも言われています。
@ 日本の「おもてなしの心」を披露する A日本人のしっかりした義務感と責任感を発揮する B親切心・思いやりの心が求められ Cボランティアに参加しチームの一員として活動するのを楽しめること
・応募要件としては、コミュニケーション能力、ある程度の語学力が求められるとされています。
《今から出来ることで、学習を開始するのが良いチャンスです!》

これから2020年まで、焦らず、じっくり、時間をかけて、お仲間とご一緒に
MELSAで『スポーツ・ボランティア英会話』の学習を始めてみませんか。
♪東京2020参画プログラムの「応援マーク」について♪
・2017/9/26、MELSAは、「東京2020参画プログラム」の応援マーク使用の審査に合格し「認証」をいただきました。 「東京2020参画プログラム」には、以下、8つのテーマがありますが、MELSAは、教育分野の「認証」です。 
@スポーツ・健康(楽しく体を動かそう)A街づくり(みんなに優しい都市に)B持続可能性(未来につなげよう)
C文化(新しい日本を発見)D教育(新たな自分を見つけよう)E経済・テクノロジー(日本の最先端の技術を発信)
F復興(今こそ絆を深めよう)Gオールジャパン世界への発信(みんなの思いをひとつに!)

このページの先頭へ  

Medical English Learning Support Association (MELSA)NPO MELSA Office:

e-mail: melsa@outlook.jp
Non-Profit Organization
Medical English Learning Support Association
Inquiry/Application:Click here