本文へスキップ

医療英語 MELSAレッスン 受講生募集

《年会費》2016年4月1日改訂
 
会計年度を4月1日から翌年3月31日までに変更いたしました。
  ◆継続受講、体験及び単回レッスンをご希望の方:MELSAの趣旨にご賛同いただける方

  受講生   入会金   現在徴収しておりません  
年会費 (継続希望者)¥3,000 
受講料/回  (継続)¥1,500
(体験/一般)¥2,000 

 ☆継続学習ご希望の方:初回参加時に年会費として\3,000- を納入して頂きますと、受講証を発行し、                 受講料2回分に充当させて頂きます。3回目以降は、1回¥1,500- です。
☆体験及び一般単回レッスンご希望の方:1回¥2,000円です。

◆賛助会員をご希望の方:MELSAの趣旨に賛同し、賛助するために入会する個人および団体

  賛助会員   入会金   現在徴収しておりません
 年会費  (個人)6,000円
  法人・団体
【1口】20,000円 (1口以上)
  受講料/回  ¥1,500


◆MELSA運営資金のご寄付を随時受け付けております。
☆金額その他は問いません。MELSA事業部までご連絡下さい 。
お問い合わせ/お申込み [e-mail: melsa@outlook.jp]


☆特定非営利活動法人 医療英語学習支援協会 運営組織☆

Non-Profit Organization Medical English Learning Support Association (NPO法人MELSA)
   
代表理事:大森厚子 Ph.D. (保健学)、MELSA講師、日本血液学会会員
   副代表理事:松岡信之 Ph.D. (政治学)
   副代表理事:大谷倫夫、MELSA講師
      理事:小森雄太 Ph.D. (政治学)
      監事:下斗米秀之 M.(経済学)
      顧問:押味貴之先生 M.D. 、国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター 准教授
         黒澤菜穂子先生 Ph.D. (薬学)、北海道薬科大学医薬情報解析学分野 教授
         野田美保子先生 Ph.D. (医学)、北海道文教大学大学院 教授、
                       元弘前大学大学院保健学研究科 教授 

☆自己紹介
大森厚子
資格等:博士(保健学)、薬剤師、臨床検査技師、衛生検査技師、日本血液学会会員.
学歴・その他:東京理科大学薬学部卒. 弘前大学大学院保健学研究科博士後期課程修了.
ESL Program; Intensive Course at Stanford University (August 1987- May 1989, California, USA).
Intensive Seminar Spring Program; Teaching English to Young Students at Communication and Language Associates (CALA) (March 1998, Hawaii, USA).
Extracurricular Lectures and Program; Cross-cultural communication in English under joint program of Hawaii University & Nihon University (July-August 2004, Shizuoka, Japan)
所属機関経歴等:東京理科大学(薬剤学)、北海道薬科大学 (生化学)、弘前大学大学院 (医療生命科学).
受賞等:弘前大学男女共同参画推進室「英文校閲費補助事業」女性研究者助成金.
業績等:
-論文掲載-
@ 助産所における臍帯血採取の取組みとその解析 弘前医学60: 12-17, 2009
A Relationship between radiosensitivity of human neonatal hematopoietic stem/progenitor cells and individual maternal/neonatal obstetric factors.
Journal of Radiation Research 51: 755-763, 2010
B Combined impact of the association between prepregnancy body mass index (BMI) and gestational weight gain on the placental/umbilical cord blood volume collected.
Journal of Health Science 56: 414-421, 2010
C Influence of obstetric factors on the yield of mononuclear cells, the CD34+ cell count and the volume of placental/umbilical cord blood. The Journal Obstetrics Gynaecology Research 36: 52-57, 2010
D Correlations between the detection of stress-associated hormone/oxidative stress markers in umbilical cord blood and the physical condition of the mother and neonate. The Journal Obstetrics Gynaecology Research 36: 958-964, 2010
E Maternal and neonatal factors associated with the high yield of mononuclear low-density/CD34+ cells from placental/umbilical cord blood. The Tohoku Journal of Experimental Medicine 215: 23-32, 2008
-講演発表-
@ ヒト臍帯血造血幹/前駆細胞の放射線感受性と妊娠/出産関連因子との関連性.
日本放射線影響学会第53回大会講演要旨集, P 165. 2010年10月. 京都市。
A Influence of obstetric factors on the yield of mononuclear cells, the CD34+ cell count and the volume of placental/umbilical cord blood. The 39th Annual Scientific Meeting of ISEH.講演要旨集, Experimental Hematology 2010; 38 (Supplement 1): S 24. 2010年9月. Melbourne, Australia. 
B 臍帯血量、含有mononuclear low-density (LD) 細胞数及びCD34陽性細胞数
及ぼす妊娠・出産関連因子の影響. 第71回日本血液学会学術集会講演要旨集, P 417. 2009年10月. 京都市.
C Impact of the association between prepregnancy BMI and gestational weight gain on the umbilical cord blood volume. The 38th Annual Scientific Meeting of ISEH講演要旨集, Experimental Hematology 2009; 37 (Suppl 1): S 33. 2009年9月. Athens, Greece.
D 臍帯血採取量と妊娠前BMI別母体体重増加量との関連性について. 第31
回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会講演要旨集, P 331.2008年12月. 神戸.
E 臍帯血中に含まれるmononuclear low-density(LD)細胞数及びCD34陽性細に
影響を及ぼす妊娠・出産関連因子の解析.第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会講演要旨集, P 1261.2007年12月. 横浜市.


Medical English Learning Support Association (MELSA)NPO MELSA Office:

e-mail: melsa@outlook.jp
Non-Profit Organization
Medical English Learning Support Association
Inquiry/Application:Click here